small-logo320
small-logo550
Create
Connect
Promote

当所のブランド

日本最大級のイタリアン・フェスティバル

毎月開催の本格イタリアンブッフェ

Joop banner​​

最高級のEXVオリーブオイルを決める国際コンクール

ICCJ Gala Dinner and Concert

一年を締めくくる華やかなパーティー

日本で味わえる本格イタリアンの名店

corsi di italiano

ICCJでイタリア語を学ぶ

ICCJのメーリングリストに登録しませんか?
* *必須記入事項

会員ログイン

Marchio di Ospitalità Italiana

SNSの誕生以前、一般市民が自らの意見を自由に発言できる場として存在していた日本国内最大級インターネット掲示板『2ちゃんねる』。その開設者であるひろゆき(西村博之)氏は、つづいて動画配信サービス『ニコニコ動画』の開発に関わるなど、様々な社会現象を生み出す基盤を作り上げた。
在日イタリア商工会議所はひろゆき氏を迎えて、Q&A形式で皆様の疑問にお答えいただき、2ちゃんねるを設立した経緯や、同掲示板が日本社会に与えた影響、氏の考える「ユーザーが喜ぶサービス」についてお聞きします。
当日は参加者様にイタリアのワインを一杯ずつ提供します。


月曜日, 5 2月 2018 - 6:30pm to 8:00pm
ICCJ - Event space

在日イタリア商工会議所はイタリア企業のフィエラミラノと協力し、SPOSAITALIAのバイヤー様を募集いたします

SPOSAITALIAとは


金曜日, 6 4月 2018 - 9:30am to 月曜日, 9 4月 2018 - 6:30pm
Fieramilanocity, Milano

BUY WINE 2018とは、トスカーナで最大のワイン業界のビジネスイベントです。
今年で第8回目を迎え、世界中から訪れる200名以上のバイヤーと、210社以上のトスカーナのワイナリーが2日間にわたりB2B商談会を行います。

・ 210社以上のトスカーナの生産者が揃う、トスカーナ州ワインに特化した専門展
・ そのうちオーガニックワインの生産者63社
・ 34ヶ国から200名以上のバイヤーが新しい生産者を求めて参加
・ 参加費をお支払い頂き、航空券、宿泊などのバイヤーパッケージをご提供
・ プロフィールを見て商談希望のワイナリーとアポをとることができるB2Bミーティングシステム
・ 希望者には商談会後2日間のエデュケーションツアーを用意

開催概要
日時:2018年2月9日(金)~10日(土)


金曜日, 9 2月 2018 - 9:00am to 土曜日, 10 2月 2018 - 5:00pm
Fortezza da Basso (Firenze)

在日イタリア商工会議所は、40年間に渡りイタリアと日本のビジネスの架け橋としてネットワークと経験を駆使し、様々な形でお手伝いできます。例えば、市場調査、ビジネスプラン、イベントの企画、セミナーやコースといったサービスも充実しております。

在日イタリア商工会議所はフィエラミラノと協力し、ミラノで開催されるインテリア雑貨展示会「HOMI September 2018」のバイヤー様を募集致します。


過去には2,900以上の出展者、165,000人の来場者を記録した国際的な展示会で、
出展者様とバイヤー様双方により良いビジネスチャンスをご提供すべく、10のジャンルに及ぶ大規模かつ豊富な品々を取りそろえています。

キッチン用品・装飾
リビング用品を中心に、多様な製品を取りそろえています。

家庭・健康用品

より良い生活空間を創造するための製品や、スポーツ用品、フィットネス用品など。

フレグランス

快適な空間づくりには重要である香りのためのフレグランス他、ディフュ―ザー、キャンドル、芳香剤、ポプリなど

ファッション・アクセサリー

異なるスタイルの融合を目指した職場、家、旅行問わず、毎日身につけるもの全てのファッションやアクセサリー

ギフト


金曜日, 26 1月 2018 - 9:30am to 月曜日, 29 1月 2018 - 6:30pm
Rho (Milano), Italy

在日イタリア商工会議所は在シンガポールイタリア商工会議所と共同し、好評だった昨年度に引き続き7月11日~12日にシンガポールで開催される「Italian Food and Wine In Singapore」へ参加を希望するバイヤー様を募集いたします。

Posted on: 2017/05/25 - 17:53
Japanese businessman

どの種類のビザや滞在許可証が、どのような条件の元で必要とされるのかを見ていきます。事実、
従業員をイタリアで働かせるためには必ずしも会社を設立する必要はありません。

Posted on: 2017/10/17 - 10:54

通常賛助会員

通常会員

ICCJのメーリングリストに登録しませんか?
* *必須記入事項